バラ園について


ここ藤の瀬集落はわずか30名足らずのまさに限界集落です。

少子高齢化、地域活性化という言葉が叫ばれて久しい2012年頃

何か地域を元気にできることはないか?と

住民と大学生達がワークショップを繰り返す中で

”ローズロード”という発想が生まれました。

そしてローズロードとバラ園を作り地域の活性化を進めようと

「藤の瀬バラ園の会」が誕生いたしました。 

 

2014年から約300株のバラ苗を植え

草取りや剪定、施肥、消毒などに明け暮れる日々。

わからないことだらけで失敗ばかり。

近年、ようやくきれいな花が咲く日を迎えるに至りました。

 

2017年5月21日からのイベント「バラ祭り」には

700名近くの来園者があり27名の集落が一気ににぎわいました。

大成功!

感動は人々の行動とやる気を促しました。

集落のみんながボランティア作業にも積極的に参加し始め

「集落を元気に」の思いが少しづつ浸透してきたように感じます。

 

これからもきれいなバラの花を咲かせ、バラ祭りを続けて行く予定です。

どうぞ皆様お誘い合わせておいでください。

また、イベント以外の日でも入園可能です。

ご連絡の上おいでくださいませ。

藤の瀬バラ園誕生ストーリー

藤の瀬バラ園の会

 名称

 藤の瀬バラ園の会

 (フジノセバラエンノカイ)

 住所

 〒787-1615
 高知県四万十市西土佐大宮2258

 開園時期
    開園時間

 毎年5月20日前後から5月末頃(気温によって開花時期が前後するためホームページにて告知いたします。)
 10:00~16:00(予定)

 入園料金

 (個人)

 300円/1人

 福祉施設等

  (団体)

 200円/1人
 駐車場

 大宮下集会所隣
 約10台分

 会長

 尾﨑 裕人

(オサキ ヒロト)

 連絡先

 (携帯) 

 090-1003-1710

 E-mail

 (連絡先)

 h.osaki@mb.gallery.ne.jp